NEWS |

News

カントリー調の住居が欲しい!という方におすすめのラップサイディング

株式会社 T.O.I.工務店では、ラップサイディングという手法を用いた外壁工事を行っています。

ラップサイディングとは、鎧張りまたは、下見張りと呼ばれる外装材のことで、長い歴史のある工法のひとつです。

ラップサイディングを施した外壁は、カントリー調で、アーリーアメリカンの雰囲気を存分に感じられる建物にすることができ、カラーのラインナップも豊富です。

どこにでもあるカントリー調や、アーリーアメリカンの雰囲気でありながら、豊富なカラーラインナップからカラーを選ぶことができるため、どこにもないオリジナリティを出すことも可能です。

そんなラップサイディングは、平らな長い板状のサイディングを使用しています。長いサイディングは、横張りで規則正しく貼り付けていくというとてもシンプルなものですが、だからこそ味のある仕上がりになるのです。

外壁工事をしたいけれど、どの外壁も同じ感じでつまらないという方や、カントリー調などアメリカンスタイルが好きだから住居にも取り入れたいという方に人気があっておすすめです。

ラップサイディングを利用した外壁を希望される場合は、気軽に相談することができると評判の株式会社 T.O.I.工務店へ一度ご相談ください。

お問合せはこちらから

メニューを開く