NEWS |

News

アメリカンガレージってどんなガレージ?

ガレージと言えば日本では車庫と言われているもので、車を収納するものとして利用されますが、アメリカなどで設置されるガレージは、ただ単に車を収納するためだけに使用されるものでもありません。

ガレージの中を入ってみると、車を整備するような空間としての活用方法はもちろん、ソファやテーブルを置いてカフェのような空間を作ったり、デスクを置いて書斎のような空間を作るなど自分のライフスタイルに合わせたテイストをプラスすることができるのがアメリカンガレージの特徴でもあります。

男性なら誰もが憧れるような秘密基地のような空間作りを簡単に実現させることができるので、単なる物置や車庫というイメージのガレージとは全く違うのが面白いです。

そんなアメリカンガレージに憧れ、実際にアメリカンガレージを設置して楽しみを広げている人が年々増えているのをご存知でしょうか。

アメリカンガレージなので、アメリカンの風合いを存分に出すことはもちろん、あえて日本風にアレンジした空間作りをしているなど、所有者の好みに応じたガレージを自在に作ることができるのもアメリカンガレージならではの発想なのかもしれません。

これから車を収納するための車庫の購入を検討しているという場合は、アメリカンガレージも念頭に入れてみてはどうでしょうか?

 

 

 

詳細はこちら

ブラックフレーム工法とは?

ブラックフレーム工法は、日本で住宅などを建築する場合に用いられる「木造在来工法」をもとに現代風にあみだされた工法のことを言います。

名前の通りこれまで使用していた材木に炭素純度93%という特殊な竹炭をコーティングしたものを使用しています。

この竹炭がコーティングされた材木を使用することで、白木に起こることの多い結露やカビが起こりづらくなったり、シロアリの発生も食い止めることが可能となります。

これにより、定期的なメンテナンスにかかる労力や費用を抑えることができ、さらには住宅を長持ちさせる効果があるとして「ブラックフレーム工法」を採用している業者も増えてきています。

ブラックフレーム工法で使用する竹炭は、昔から防臭や抗菌、防虫効果がある自然素材として様々な用途に使用されてきたものなので、人体に何か悪影響を与えてしまうような要素はありませんので安心です。

また、竹炭をコーティングした材木同士を組み合わせるのに使用するものも継手仕口金物を使用した工法を採用し安全な建築を目指しています。

ブラックフレーム工法は、日本で長く行われていた工法を活用しつつ、新たな素材をプラスしてパワーアップした工法として知名度をあげています。

 

 

 

 

詳細はこちら

ガレージハウス、注文住宅、リフォーム『株式会社T.O.I.工務店』|埼玉県川越市

アメリカンガレージをはじめとし、注文住宅や、リフォーム工事を行っている会社です。 特にアメリカの西海岸をモチーフとしたデザインが得意としており、お客様の理想の住まい造りをサポートいたします。どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

詳細はこちら

メニューを開く